EDは男性特有の悩み、そして病気

私はEDになったことがあります。EDこそ男性特有の病気、悩みと言っても過言ではありません。私は高校生の時に初体験をしようとしたらEDということが発覚しました。医者に行ったわけではありませんがその行為をする時に勃たなかったのですからEDとしか言いようがありません。

緊張していて初体験ができなかったという事例もありますが、私は3回以上挑戦しても勃たなかったので緊張ではありません。何回も挑戦して失敗すると自信喪失につながりもっとEDになるという悪循環になります。

一生勃たないなんて嫌だ!私のEDとの闘いが始まります。

2016-07-08_193634

特に医者に行ったりはしませんでしたが、マカや亜鉛といった精力剤によく含まれている成分をサプリメントで摂取するようにしました。

そしてオナニーも避けるようにしました。オナニーでは不思議と勃つのですがセックスで勃たずにオナニーで勃つのが一番良くないのです。なぜなら、自分のペースでしかいけなくなる、自分の手の感覚が強くなり女性器の気持ち良さがわからなくなるかららしいです。私はその事実を知った時焦りと恐怖を感じたのを覚えています。

一か月ほどオナニー禁止生活とマカ、亜鉛摂取生活を続けました。結果として一か月我慢したかいあり、初体験をすませることができました。

EDは誰にでも起こる可能性がある病気です。最近では草食系という言葉も生まれ性に興味がない男性が増えています。20年彼女が出来たことがないという人もいます。そういう方はもう自分の手の感覚でしかいけなくなっているかもしれません。ですから、一生勃たなくなる可能性を少しでも消すためにパートナーを作ることをお勧めします。

仮にすでにEDになっていたとしても諦めないでください。精力が出る食生活と禁欲生活を意識すれば治すこともきっとできます。